【解説/考察】モナコインSelfish mining攻撃の整理・考察(2018/05/22)

May 20, 2018

5月13日~15日、モナコインがSelfish mining攻撃に遭いました。この騒動を振り返り、より考察を深めていきたいと思います。

 

↓平野さんの解説記事

暗号通貨史上で最も大きいブロックチェーンへの攻撃について。モナコインでの事件の重要性。

 

本編動画はこちらから

 

【トピック紹介】

0:00

事件概要整理

 

8:43

■モナコインが狙われた理由について

・ブロックタイムの短さ

・市場規模や難易度調整とハッシュパワーの関係

 

10:50

モナコインのアルゴリズムに合わせたASICの開発が既に成功したのでは?

損益分岐点を計算してASIC開発を依頼した?

 

12:58

今後モナコインへの対応は?

→プロトコル側にできることはない?サービス側の対応は

 

15:18

暗号通貨全体において、再度浮上した確率的ファイナリティという課題

 

18:40

■今回の騒動で認識されるべき点

・0承認トランザクションのリスクへの再理解

 →BitcoinCashでも今回のような騒動が起こる?

・分散化やハッシュパワー、ブロックタイムといったコイン設計の重要性

 

30:20

まとめ

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Coin Street Home
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索