【議論/解説】コインチェックXEM盗難事件part1(2018/01/31)

January 31, 2018

1月16日、コインチェックで起きたXEM盗難事件についての整理、主な論点のまとめを東と平野の意見を交えて解説・議論しています。主なトピックとしては以下の三点です。

 

・想像以上に拡大していた日本の暗号通貨市場規模

・取引所の管理体制「利便性とセキュリティ」について

・NEM財団の対応は正しかったのか

 

本編動画はこちら

※後半の動画では、今後の予想をしていきます。

 

 

 

【トピック紹介】

0:00

今回の騒動の一連の流れを整理

 

2:25

特定日付のコインチェックXEM保有者数が約26万人!

→この数字から想定できる暗号通貨ユーザーの規模を考察

総額460億円を自己資本から補填。ここまで利益を出している会社とは?

 

8:28

取引所の管理体制。「利便性とセキュリティはトレードオフ」について詳しく解説

■外部のユーザーが、公開されない取引所の堅牢性を確認する手段とは...

■草コインを大量に取り扱っている取引所は危険?

 

15:00

NEM財団の対応は果たしてベストだったのか

■取引所をあまり救済しないほうがいいのでは?財団が訴訟されてしまう?

■パブリックブロックチェーン、暗号通貨の本質から考察

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​Coin Street Home
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索